メールレディについて

・メールレディとチャットレディ
メールレディはチャットレディサービスの業態の一つで、中でも男性会員と専用サイトでメールのやり取りをする形態です。今でこそネット回線とWEBカメラを使ったライブチャットがチャットレディ業界の主流ですが、パソコン用のカメラや高速回線が一般的でなかった2002年頃までは「チャット」といえば、メールのような文字だけのやり取りをさしたんですね。芥川賞作家・綿矢りささんのデビュー作『インストール』では、主人公たちが性別や年齢を偽って風俗チャットのアルバイトをしますが、今は登録情報などを厳正に扱うので、まともなサイトでは18歳以下の登録はできないはずです。年齢確認がなかったり、本人情報の確認をされなかった場合は、メールレディの求人ではなく悪質な出会い系サイトの偽装求人という可能性が高いので、どんなに高額な時給を掲載していても登録しないよう注意してください。

・メールレディの報酬
1通で30円から50円という価格帯が業界の主流のようです。こんなに少ないの?と驚いた方も多いかと思うのですが、正直なところメールレディは「高額な報は望めません」。コツコツと打ち込めばそれなりの額にはなるのですが、ビデオ電話などと比べるとやはり差は大きいです。時代の主流がライブチャットである以上しかたのないことといえますが、がっつり稼ぎたいという人には不向きといえます。
また前にも書きましたが、高額な時給を提示している求人があったら「おかしい」と思った方が無難でしょう。

・メールレディの特徴
メールだけなので、ライブチャットに使うようなWEBカメラなど特別な機材は必要ないです。近いものに「出会い系」サービスがあるのですが、メールレディの場合はあくまで「メールのやり取り」をするのが目的で、多くのサイトでは基本的に直接相手と会うことは禁止されています。
スマホがあれば「いつでも」「どこでも」できるので、子育て中の方やOLさん、学生さんにおススメで、事実そういう方の割合が多いそうです。ライブチャットとは違い高額な報酬は望めませんが、すき間の時間を自分のペースで有効活用してお小遣いを稼ぎたいという人、会話したりカメラ越しでも顔を見られたりは抵抗があるという人に、おススメの業態といえます。


「メールレディ 求人」で検索するといくつかメール専門というサービスがヒットしますが、規模が小さく実態も不明瞭なものが多いので、メールレディをやってみたい方にはライブチャットサービスのメールだけでも可能なサイトさんへ登録することをおススメします。